2015年もあとわずか・・今年もありがとうございました。

上越でラグビースクールが開校して3年が経過しました。

 

私はあっという間の3年でしたが、みなさんはどうだったでしょうか?

 

小学4年生から始めたスクール生が、もう中学1年生です。

 

体も大きくなり、ガツガツ来ていた子供が恥ずかしさや遠慮を覚え、

 

同時に力強さやパワーを身に着け下級生には優しくなり、

 

いつしか話し方も大人っぽくなり、嬉しいような寂しいような・・・・

 

もっとやんちゃな感じでいいのに、もっとガツガツ来いよと思いながら・・・

 

一人一人の顔を『ニタ~』としながら思い浮かべました。

 

今年は全員がラグビーへ【集中し、楽しんだ】年でした。

 

昨年よりも多くの試合を行い、沢山のチームとも交流ができ私も多くの事を経験し学ぶ事が出来ました。

 

今から3年前、上越には子供たちがラグビーを学べる環境がありませんでした。

 

その環境を創ったのは私たちですが、その環境を築いたのは紛れもなく子供たちです。

 

『ありがとう!みんな』

 

ラグビーを続ける、ラグビーが楽しい、ラグビーがやりたい子供たち。

 

2015ラグビーワールドカップでのJAPANの勝利には、

 

日本いや世界の方へ驚きと感動を与え日本でのラグビー知名度をグンと引き上げ、

 

TV番組やニュースでは毎日のように、ラグビーの話題が取り上げられ、

 

JAPANだけではなくトップリーグや大学・高校ラグビーにも今までに無いほど観客が押し寄せ、

 

少し前までは考えられない事が今も続いています。

 

今後、ラグビーに対して地域のあり方が良い方向へ進んで行く事は、間違いありません。

 

しかし私たちはそこで安堵せずに、ラグビースクールを発展させていく為、

 

五郎丸のような紳士で謙虚な対応を忘れず、しかし勝負となれば鬼となり来年も邁進して行きます。

 

最後になりますが、いつも子供たちの練習への送迎、遠方の試合への送迎、練習でのサポート

 

(球出し・タックルの台・試合での相手・準備・片付け)等まだまだ沢山ありますが、

 

いつも有難うございます。日々サポートのご恩を、子供たちのラグビースキルや精神面で向上出来るように、

 

形で返していきたいと思います。まだまだ、未熟な私ですが子供たちと一緒に成長していきたいと思います。

 

2016年、ラグビーを楽しみ、時には鬼になり(睦樹より)今年よりも最高の年にしましょう。

 

来年も宜しくお願い致します。

 

鈴木 順

 

 

 

<< >>