送別会を行いました。

 

3月13日(日)

スクール生が転校する為、送別会を行いました。

一人一人が約3年間の思い出などを発表しました。

 

上越でラグビースクールが開校して間もなく

一人のラガーマンらしい子供が、元気よくグランドへ走ってきた

 

『こんにちわ』

白いヘッドキャップを持参しリュックをポンと放り投げ

ラグビーボールをポンと蹴り上げた。

 

紛れもなく、ドラマや単行本の第一話の光景が目に飛び込んできた。

ラグビースクール初のラグビー経験者だ。

 

なんと心強く、頼もしかった事か。

 

それからアッという間に時が過ぎた。

 

ステップ、ハンドリング、状況判断は私も勉強させられました。

最後の練習では、感情が入って感極まりました。

 

 

39歳の涙は止まりませんでした。

しかし、しかし、お互いこれからがとても大事です。

 

 

いつか出会える時まで、いつか試合ができるまで

苦しい時、寂しい時があったとき、一緒にラグビーをやった時を思いだし

共に強く生きていこう。

 

『またみんなで一緒にラグビーやろうね!』

 

 

 

<< >>