東大阪ラグビースクール30周年記念親善試合へ行ってきました

3月26日・27日と『となみラグビースポーツ少年団』様と大阪遠征へ行ってきました。

上越を朝5時に出発し砺波で合流しマイクロバスでみんなで出発しました。

 

全くの未知の場所へGo!

 

初日は久保田さんのご厚意により甲南大学さんのラグビー場を使用させて頂きました。

元早稲田大学ラグビー部の中川様より到着時間が遅れたにもかかわらず、

1時間30分ほどラグビー指導を受けました。貴重な時間を本当にありがとうございました。

ラグビーにおける大事な事を多くご指導頂きました。

 

2日目聖地花園で大阪のラグビースクールとの試合を行いました。

随所にチャンスはあったものの、そう簡単にはトライをさせてもらえず

大阪の厚い壁を肌で感じました。

非常に悔しい気持ちが今でも込み上げてきます。

しかし選手の攻めの気持ち、熱い気持ちを見ることが出来たので

必ず次の試合で成果を見れる事を楽しみにしています。

6年生にとっては最後の試合となりました。

花園で小学校生活最後の試合が出来たことは生涯忘れることは無いでしょう。

しっかりと胸に刻み、中学生でも熱い気持ちをもってラグビーを続けましょう!

 

5年生は、この貴重な経験を同学年や後輩に伝え、高い目標をもって

最上級生として、お手本となるようにラグビーを頑張りましょう。

 

この2日間で沢山の方と繋がりを持ち、絆を深めることが出来ました。

私の成長できる場所でもありました。この大阪遠征へお誘い頂きました

『となみラグビースポーツ少年団』の林コーチ・掛橋コーチ、本当にありがとうございました。

ラグビーの厳しさを肌で感じ、同時にラグビーの楽しさを認識しました。

一人一人がレベルアップできるように、また明日から練習頑張りましょう。

ラグビー楽しみましょう!!

 

 

 

 

<< >>