実技講習会と新体操祭に参加しました

今年最強の寒波が近づいて来て、ぐっと寒さが増しましたね。

早いもので、今年も残すところわずかとなりました。

インフルエンザの患者も少しずつ増えているようです。

年末の多忙な時期ですが、体調を崩さないように

気をつけたいものですね。

 

さて、12/22(土)に選手コースと育成コースが、新潟県

新体操実技講習会に参加してきました。

今年は、講師に北京、ロンドンオリンピックと2大会連続で

団体メンバーとして活躍された、田中琴乃先生を迎えての

講習会でした。

 

ウォーミングアップから、トレーニング、身体の基本運動、

表現トレーニング、手具の基本と幅広い内容でしたが、

ひとつひとつに丁寧なアドバイスをいただきながら、

充実の一日となりました。県内から、たくさんの選手が

集まり、時間を共にし、たくさんの刺激をもらった一日

でもありました。

また、講習の最後には、講師からのクリスマスプレゼント

ということで、マライヤキャリーのクリスマスソングに乗せた

演技披露もありました。閉講式では、質問コーナーもあり、

一日を通して、世界で戦って来た経験者ならではの

貴重なお話もたくさん伺うことが出来ました。

参加したメンバーは、たった一日刺激を受けて終わるの

ではなく、これから先の練習にしっかりいかしていけるよう

努めたいですね。

 

そして、翌日12/23(日)は、新潟県新体操祭にクラブ生

全員で参加しました。

今年は、クラブ生全員出演の作品、Carmenと、選手コース

による集団演技Adagioの2作品を発表させていただきました。

 

Carmenでは、各コース毎のパートから始まり、最後は全員で

集まる構成となっていますが、大人数ならではの迫力があり、

会場の大きさに負けない作品になったのではないかと思います。

 

Adagioは、Carmenの力強さとは違い、しっとりとしながらも

重みのある前半から、テノールのボーカルが盛り上がる

中盤以降の壮大なメロディを身体いっぱい表現しました。

まだまだ、作品の完成形には至りませんが、たくさんの

観客の皆さまひとりひとりに届くように、心を込めて

踊りました。

二作品ともに、ワセダクラブらしさは伝わったのでは

ないかと思います。

 

連休の中日にも関わらず、また、年末のお忙しい中、会場に

足を運んでくださった観客の皆さま、ありがとうございました。

また、参加したクラブ生のみなさんは、車の乗り合わせなど、

ご協力ありがとうございます。

今年の練習はもう演技ありませんが、年明けには、元気な

顔で集合し、ワセダクラブの発表会に向けて、一丸と

なって頑張っていきましょう。

 

B61F51DF-3841-4EC9-B0FB-2A2FC4093870

 

<< >>