北信越ジュニア新体操選手権大会

だんだんと日が短くなり、朝夕と肌寒いくらいで、

秋の訪れを感じますね。

 

さて、9/16-17と、石川県白山市にある松任総合運動公園体育館にて

北信越ジュニア選手大会が行われました。

 

当クラブからは、個人A競技に遠藤汐里と石附菜那の2名と

団体競技に出場してきました。

 

 

[A競技予選]

15位  遠藤汐里(フープ12位、クラブ20位)決勝進出

28位  石附菜那(フープ28位、クラブ28位)

 

北信越ジュニア大会個人初出場の石附は、緊張からか、

小さなミスを積み重ねてしまいましたが、持ち味である

ダイナミックなジャンプや柔軟性を活かした身体難度は

しっかりアピールすることが出来ました。来年はジュニア

最後のシーズンとなるので、しっかり繋げていきたいと思います。

遠藤は、一種目めから緊張が見られ、1番の武器である

伸びやかで大きな演技をすることが出来ませんでした。

落下などのミスもありましたが、なんとか持ちこたえて決勝に

つなげました。

 

[A競技決勝]

18位  遠藤  汐里(ボール14位、リボン19位)

 

気持ちを切り替えて臨んだ決勝でしたが、昨日同様不安定な

演技で、ジュニア最後の大会でしたが、思うような演技を

することが出来ませんでした。

昨シーズンより、クラブのエース的存在として頑張ってきた

だけに、本当に悔しい結果となりました。

 

[団体競技]

8位  WASEDA CLUB RG新潟

 

今シーズンは、パイレーツオブカリビアンの曲を使用し、

ルール変更に伴い、たくさんの技が詰まった構成で

常に挑戦する気持ちで臨んできました。

今シーズン最後の演技となる本番では、海賊のように

自分たちの力で、納得のいく演技、結果を掴み取りたいと

思っていましたが、序盤で大きなミスが出てしまい、

リズムが掴めないまま演技終盤を迎えてしまいました。

しかし、ずっとこだわってきたラストの大技だけは、

しっかりと決め、会場が沸いたのを感じました。

 

遠方にも関わらず、たくさんの方が応援に来てくださり、

また、自県開催かと思うほどの大声援の中で演技できたことも、

本当に嬉しく、感謝でいっぱいです。

 

来シーズンに向け、まずは分析と反省をしっかりして、

挑戦する意欲を失わずに、気持ちを切り替えて再出発します。

 

応援ありがとうございました。

 

この後は、年内に中体連市内大会、県選手権大会、新体操祭と

たくさんの予定があります。

クラブ一丸となって、一つ一つの大会、イベントを盛り上げて

いきましょう。

 

<< >>